FC2ブログ
リソーネット応援団
リソーネットの商品のお問い合わせを主体にネットショップでは説明しきれない商品の補足説明を行います。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防音マット用テーパ材
防音用スポンジマットは3層構造です。
段差解消

これは防音効果をより高く発現するために衝撃分散のためのスキン層(皮膜層)と衝撃吸収層(発泡層)の層数を多くして相乗効果を高めることが第一義です。
また、出来上がった防音マット用の原板や加工後の製品が簡単にチェックできるように各層の色を変えてあります。実は防音マットの各層の物性値は全て同一ではありません。中心の黒い層は表裏の層に比べて微妙に反発性(硬度)が高くなっています。
各層の色のチェックで規格通りの層構造になっているのかが簡易に分かるのです。
更に各層の接合にはシックハウス症候群対策のため接着剤や粘着剤を使わず、熱融着による接合を行っています。しかもスキン層を出来るだけ破壊しないように厳しい熱管理の下に行っているのです。これは技術的に大変厳しい工程でもあります。
その結果、原材料は全て固形物となり、フォースター(☆☆☆☆)の適用除外品ですから室内での健康にも支障のない商品で安心してお使いいただけます。

今回は防音用スポンジマットのテーパ材のご使用方法について説明いたします。

テーパ材は床とスポンジマットの厚さ(21mm)との間に生まれる段差を解消して、つまづきやカーペットの捲り起きを防止するためのものです。

通常はスポンジマットの上にカーペットなどが敷かれるためにテーパ材の配置(表裏、上下の向きのことです。)はさして問題ではありませんが、同色に揃えてそのままお使いの時は小さな隙間が発生します。
これは原板からの加工工程上下図のようにやむを得ないことです。
テーパ材の加工工程
また、スキン層を下になさると垂直になりますが、冒頭に説明した理由により3色の断面が表に出て見栄えが良くありません。

このスポンジマットでの単独使用の際に、テーパ材とスポンジマットとの間に出来る隙間をなくして見栄えを良くするためには下図のように指しを当てて直線に、そして出来るだけ垂直に切断することになります。(これによりテーパ材の幅の調整も行えます。)
テーパ材の切断
スポンジマットのケース、またはケースに入っている付属のダンボール板の波筋に合わせて出来るだけ大きめのカッターナイフで切ることが上手に切ることのコツです。カッターナイフの刃は新しいものをお使いいただきますと表面に残っている油が潤滑剤の役目をして切りやすくなります。でも、切る際にお怪我をなさらないように十分に気をつけてください。

最後に付記いたしますのは、スポンジマットは防炎製品ではありませんので単独使用でなく、防炎認定のカーペットなどでの仕上げをお勧めします。

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。