FC2ブログ
リソーネット応援団
リソーネットの商品のお問い合わせを主体にネットショップでは説明しきれない商品の補足説明を行います。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルーフバルコニーに関するお問い合わせ
今回、ルーフバルコニーに関する的確なお問い合わせを頂きましたので、返信メールを割愛して掲載します。




> 当方では、自宅マンションのルーフバルコニーの一部をウッドデッキと人工芝にしたいと考えておりますが、
> 御社製品と施工について、下記の点につきまして教えてください。
>
> 1.HPの中に、ルーフバルコニーには、「ウッドデッキグラウンドタイプ」をお勧めします、とありますが、
>   ニューゲロンガンより、グラウンドタイプの方がよいのでしょうか?
>   また、ニューグラウンドタイプは無塗装のようですが、塗装して使用するのでしょうか?
>

ホームページをよくお読み頂き、また、以下のことも含めて大変的確なお問い合わせを頂き、大変嬉しく、また、感服いたしました。
出来るだけ、詳細にお答えするつもりです。

ルーフバルコニーにウッドデッキを敷き込みますと、ウッドデッキの木板の吸水・保水・蒸発が急速に
行われ、上側(表面)が乾燥途中で大きく反り上がり(お皿の断面状)ます。
これは、強い日差しと風により上側が速く乾燥することにより収縮するためです。
その結果、使っているうちに乾燥状態では亀裂、湿潤状態では膨潤を繰り返し、段々と亀裂が大きく、また、亀裂の部分から腐朽が進行します。
屋上では特にこの傾向が早く、そして強く出ます。

それを抑制するには、年輪で水分の浸入を防ぐ、防腐剤の撥水成分で水分の浸入を防ぐ等の方法がありますが、ウッドデッキ・グラウンドタイプは杉の間伐材を使用し、年輪を巧く使って木板の裏面側にまで水分が行き届きにくいような木板の取り方を行い、防腐剤を強制的に内部まで圧入し、更に40mm(45mm)といった厚さの木板を使用しています。
そのため、耐久性に優れています。

但し、間伐材を使用するために、森林組合を動かすだけの使用量を必要とします。
価格も伐採を行う人が近頃では非常に少なく、一般の木材よりも高くなってしまいます。

ホームページに掲載された使用例の高速道路のサービスエリアの場合は公共工事で道路公団や和歌山県の指導のもとに地元の森林組合によって伐採が行われたことと大量の木板を使用したことで比較的安価に製造を行えたのです。

ニューゲロンガンは木板が薄く、防腐剤の塗布も表面だけのため、ルーフバルコニーでのご使用には耐久性に難があります。

○○様におかれましては、ルーフバルコニーに天然の木材で出来たウッドデッキをお望みでしたら、
近くの製材所で防腐剤を圧入されたものを入手なさってそのままお使いになるのも一考です。
製材されたものをそのまま並べるのです。耐久性には優れているでしょう。
但し、反りを考えてあまり長くなさらないように、そして、重くなるのでその加重が床の強度に悪影響を及ぼさないようになさることも必要です。

> 2.ルーフバルコニーにウッドデッキと人工芝を敷く場合の注意点はどのようなことでしょうか?
>

木材は雨が降ると吸水して膨張しますが、人工芝は冷えて収縮します。(反対ですね。)

また、人工芝は原料にポリオレフィン系のプラスチックを使用していますので、使用しているうちに
収縮していきます。(結晶化収縮と言います。)
そのため、1.6~1.8%の収縮を考えておく必要があります。(屋内などの気温が上がりにくい環境ではあまりお気になさる必要はないのですが。)

> 3.ルーフバルコニーにウッドデッキと人工芝を敷いた場合、風で飛んでしまうようなことはありますか?
>   またそのような心配がある場合、固定方法等を教えてください。
>

当社の人工芝の場合は空隙が大きく、外れにくいジョイント構造なのでジョイント後は飛散しにくくなっています。
ウッドデッキのルーフバルコニーや屋上での飛散対策は非常に難しいものがあります。

固定や接着は躯体や防水材を傷めてしまいます。
また、躯体や防水シートの膨張収縮とウッドデッキの膨張収縮は異なりますので、固定部や接着部が離れようとします。

> 4.人工芝が汚れた場合の清掃はどのようにすればよいでしょうか?

葉状部(パイル部とも言います。)の裏面にゴミが付着しやすい傾向にあります。
希釈した中性洗剤で洗うことになりますが、液をかけた5~10分後ぐらい経ってブラシ等で擦って下さい。
絡んだ糸くずは鍬の刃を細くしたようなものでかきとるかピンセットのようなものでとることになります。

面積などが分かりませんのではっきりしたことは分かりませんが、今回の○○様の場合は床材としては耐久性の面からパッチングデッキのご使用の方が良いのではと思われます。
ウッドデッキにつきましては、部分使用で強風が予想される場合に収納なさるのが確実な方法です。

長文で失礼しました。

ご参考になれば幸いです。




ブログランキングに参加しています。

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

屋上用の床材としてのパッチングデッキ

ライトグレー新




屋上に床材としてデッキを敷く場合に、
1.広い屋上の有効利用(プレイスペース、駐車場、催し場、その他)
2.防水層(床)の保護
3.憩いの場(ガーデニング)
4.省エネのための遮熱
など、様々な用途が考えられます。

その用途の一助としての床材には、
1.強風下での飛散防止
2.遮熱、屋根焼け防止性
3.通水・透水・排水性
4.耐光性
5.座屈強度
6.不陸(床面の凹凸)へのフィット性
などは最低限必要なことです。

リソーネットパッチングデッキは格子(碁盤目)状のシンプルな形状のジョイント床材です。

先ず、飛散防止性に付きましては、格子状でたくさんの空隙があるので簡単に空気が通り抜けて
しまい、強風下でも舞い上がりが起きにくくなっています。
また、各パッチングデッキのブロックの周縁部は隣のパッチングデッキと強固につながり外れにくく、ジョイント後は一体化して強風下でも吹き飛びにくいシート状物となります。

遮熱、屋根焼け防止に付きましては、プラスチックが断熱性に優れていることと共に、空気の通り抜けにより熱がこもらず、また、常に外気と熱交換が行われていることにより温度が上がりにくくなっています。
また、格子形状とはいえ、リブが太いので斜めから当る日光を殆ど遮光し、真上から日光が当たる場合でも半分以上の日光は隠蔽されます。

パッチングデッキは平面的な格子形状で裏面には嵩上げのための円筒状のスペーサがあります。
そのため瞬時に雨水が通り抜けて、裏面でも水が流れて行きます。

耐光堅牢性、耐久性に付きましては、老化防止性に優れたEVAを原料として紫外線吸収剤も添加していますので、屋上やルーフバルコニーにおきましても長期間のご使用が出来ます。

耐加重性(座屈強度)は重いものの設置やベンチの脚のように一箇所に荷重が集中する場合などに必要となりますが、パッチングデッキは裏面にあるたくさんのスペーサが荷重を分散して高い座屈強度を発現します。
工場などでは1tの荷物を積んだフォークリフトを使う場所でも用いています。
(但し、急にハンドルを切るとスペーサが寝てしまうこともあります。)

床面の緩やかな凹凸に対しては、各パッチングデッキのブロックががその形に追随します。
パッチングデッキはそんなに硬いものではありません。

この他、屋上のように広い場所ではパッチングデッキのカラーバリエーション(8色)を用いて
ライン、ロゴ、模様、文字、エリア表示などを作ることが出来ます。
更につまづき防止のためのフチ材も取り揃えています。(下図をご参照下さい。)

フチ材


また、幼稚園の屋上ではパッチングデッキの上に見にプールを設置してご利用なさっているところもあります。

パッチングデッキはプールサイド、ベランダ、公共施設などでも広く使われて、800万枚以上の出荷実績のあるデッキ材です。

ブログランキングに参加しています。

FC2 Blog Ranking

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。